「機能」を「再建」。

お知らせ

詳細



はじめに

上下肢機能再建専門
クリニック

“機能再建”がメインテーマ

高知県土佐市の手の外科と下肢機能再建専門クリニックです。


上下肢機能の再建を主軸とした治療を行います。
スポーツ外傷後の靭帯再建術から術後機能回復リハビリテーションまで一貫して入院治療を行う上下肢機能再建専門クリニックです。


 
スポーツ外傷後の靭帯再建術から術後機能回復リハビリテーションまで安心して入院治療を行う下肢機能再建専門クリニックとして2012年、開院しました。 2014年からは上肢機能再建部門も新設、”機能再建”を主軸とした治療を行っていきます。
 

下肢機能再建外来

① 下肢機能再建とは?

手術では、できる限り本物となるように”解剖学的再建”という術式を第一選択にして、運動機能を回復し、若者から高齢者まで幅広い年代の膝などの悩みを解決することを目指します。
 


② 症状(対象者)

膝の内側に痛みがある、歩き始めや動き出し・階段の上り下りの時に膝が痛い、膝に力が入らないなど、膝に症状がある方を中心に診療を行います。
 


③ 診断・検査

レントゲンやMRIなどで、変形の度合いや半月板・靭帯に損傷がないか判断します。
 


④ リハビリテーション

”痛みをなく歩きたい”や”スポーツに復帰したい”など患者様のニーズに沿った、入院・外来リハを行っております。
入院:靭帯・半月板損傷や高位脛骨骨切り術後などの患者様のリハビリを行っています。
外来:肩関節周囲炎や腰痛・変形性関節症などの患者様のリハビリを行っています。
 


 
午前 × × ×
午後 × ×  
  午前 8:30  〜 12:30
  午後 13:30 〜 17:30

手の外科外来

① 手の外科とは

手の外科とは、上肢機能再建外科です。手は、日常生活において非常に多様で重要な働きをしており、障害を生じるとかなりの不自由をきたすことも多い運動器です。手の症状があるときは、手外科専門医による適切な治療で機能再建を目指します。
 


② 症状(対象者)

手から肘の痛みやしびれ、変形を生じるあらゆる疾患やけがを対象に診察、治療を行っています。
 


③ 診断・検査

レントゲンやエコー・MRIなどで手の状態を検査していきます。
 


④ リハビリテーション

手の外科専門の作業療法士が、日常生活で再び手を使い易くなるように関節可動域訓練や装具・スプリントなどを用いて治療を行っていきます。
 


 
午前 × × ×
午後 × × ×  
  午前 8:30  〜 12:30
  午後 13:30 〜 17:30

入院・治療について

・初診の方へ

お電話にてお問い合わせしてください。
TEL 088-852-5555 診察:8:30-17:30、土曜日:8:30-12:30
 


・治療スケジュール決定(手術日決定)

手術日が決まりましたら、手術予定の2〜3週間前の火・木曜日に術前検査(採血・検尿・心電図・肺機能検査・胸部レントゲン検査)や患部レントゲン検査、MRI検査などの精密検査を行います。
この時、タバコを吸われている方は必ず禁煙してください。禁煙が出来ない場合は、安全を優先して治療を行いませんのでご了承ください。
 


・手術前日

手術前日、21時以降の食事は中止していただきます。
禁煙
 


・手術

術日は容易に治療が行えるよう専用の病衣を着ていただきます。
手術は2時間30分程度で脊椎麻酔もしくは全身麻酔管理を行います。
 


・手術後

術後ベット上安静にしていただき、全身管理を行います。脊椎麻酔時は頭痛予防に、術後はしばらくあたまを動かさないようにしていただきます。
術後、術中映像をふまえて説明をご家族に行います。
 


・手術後の食事について

完全覚醒を確認後、経口摂取の許可がでるまで持続点滴で脱水予防を行っていただきます。病状を看ながら手術翌日の午前中、もしくは昼より食事が再開していきます。
 


・術後リハビリ

翌日、採血やレントゲンで術後急性期チェックを行います。
問題なければ術式に応じたリハビリを開始します。
 


・退院

一定期間リハビリを行い、下肢機能を評価します。レントゲンや画像診断で客観的に術後再建評価を行い、目標に達した時点で退院となります。
 


アクセス

アクセス

〒781-1101
高知県土佐市高岡町甲920-1


 
 

駐車場について

ご家族・お見舞いの方へ


 
第一駐車場が満車のときは、第二駐車場をご利用ください。
 

面会時間について

外来診察開始〜20:00